琵琶湖のヨット・ボートでのクルージングや保管・艇庫はマリーナ雄琴 | 滋賀県大津市雄琴

headボート&ヨットの
保管
head施設案内 headレンタルボート&ヨット head体験&スクール head艇販売 headヨット/ボート免許 headイベント
お問合せ マリングッズ販売 軽食&バーベキュー マップ&アクセス
ヨット体験

湖上のまわりの景色を見ながらのんびりと船上の時間を楽しんでいます。〜Y様〜

ヨット体験01

現在ヨットで湖上の散歩を楽しんでいます。と言ってもまだ1年生の ヨチヨチ歩きですが・・・。始まりは「退職後は海でのんびり釣りがしたい」 と3年前に小型船舶免許を取ったことからでした。自宅が琵琶湖の近くということで 早速モーターボートを購入。が自分のマリンライフを考えるとヨットのほうが良いと 考え、翌年にヨットに乗り換えました。

その後はマリーナスタッフ・先輩に乗って頂き、操船の始動を受け、また初めての クラブレースにも参加させていただきました。ティラーを握りながらいきなり 35度のヒールも体験しましたが、ヨットの安定感とともに爽快感を味わうことができました。 4月頃からは時にゲストも来ますが殆どは一人で湖上をセーリングしています。 妻も乗れば良いと思うのですが、船酔いと紫外線に弱くまた息子も東京にいるもので どうしても一人で乗ることが多くなります。
自宅からマリーナ雄琴までは車で10分程度で行ける気軽さと、琵琶湖の天候が居ながらにして わかるので、天気の悪い日・風の強すぎる日は無理をしないで安全を第一に気ままに楽しめていますし、 モーターボートでは味わえない湖上のまわりの景色を見ながらのんびりと船上の時間を楽しんでいます。 私の場合ヨットに乗り換えて正解ですね!いろいろと相談に乗っていただいた方々には感謝しています。 「これからもご指導宜しく!」

現在はまだ仕事をしていますから休日しか乗れないのが残念ですが退職後は時間がたっぷりあるので もっと自由に琵琶湖の隅々まで廻ってみたいと思っています。 これからは自分の体力と相談しながら、時間の許す限り気ままな新米セーラーとして湖上の散歩を楽しみたいと思っています。

リハビリとストレス解消を兼ねてヨットを始めました。〜M様ご夫婦〜

ヨット体験02

三年前に念願のヨットを購入、琵琶湖で楽しんでいます。 きっかけは夫の脳梗塞。多忙な仕事で突然入院する羽目となり、軽く済んで良かったものの リハビリとストレス解消を兼ねてヨットを始めました。 夫はヨットが趣味と言いながらも30余年ブランクがあり私はまったくの初心者で最初は どうなることかと思いましたが、マリーナ雄琴の先生方のご指導で今では自分達なりの楽しみ方が出来るようになりました。 春は海津大崎の花見・・陸からではなく海上から見える桜並木はなんともいえない贅沢な眺めです。 夏は涼しい風をうけて優雅なひと時を…。

秋にはヨットレースに挑戦・・初心者にとってヨットレースはなかなか過酷です。 目的地に到着するのだ難儀ですが風の力だけで進むヨットの醍醐味は素晴らしいものです。 少しずつコツをマスターしてタイムが短縮できる事を目標にしています。 ヨットを通じて様々な方を交流させていただけることも有難いことと感じます。 私もヨットを持てるなんてまさか夢のような・・。 二年前から我が家の家族になった愛犬ジャックもライフジャケットを着けてヨットのお供です。

「緊張感なくして上達なし」〜I様〜

ヨット体験03

マリンスポーツに憧れ、ひょんなきっかけて始めた琵琶湖での水上スキー。 あれから30年の歳月。ここ3~4年は体力の限界、そろそろしおどきかな?と考えるようになっていました。 そんな時出会ったのが、後に購入するヨット「ヤマハYー30CⅡ」でした。 まだまだ楽しめるマリンスポーツがあることにわくわくし、早速我が最愛の女房息子の3人で、2月の 寒い雪雲の中試乗しました。そして購入。 ヨットを購入してからは日曜毎も外装の手入れ・内部のリフォーム。 夢は「琵琶湖1周!」琵琶湖とは長い付き合いですので、エリなどの場所がどこにあるか、 どの辺りに雲がかかってくると夕立がやってくるとか漁師のように解っていました。 が、いかんせんヨットの操船技術が皆無に等しかったのです。

そこで我輩の技術を上げるためにクルーザーヨット教室の参加。 マリーナ雄琴スタッフの井上コーチ、本当にお世話になりました。 「クローズ」「アヒーム」「タッキング」。タック用意・・・タック。 少し早くなりました。今日覚えたことは早速我がヨットのメンバーに伝達。 今度は私が鬼コーチとなり、びしびしとシゴいています。 みんなには「緊張感なくして上達なし」こんな我々にもマリーナ雄琴の粋なはからいで第24回マリーナ雄琴カップ に初出場出来ることになりました。やっとよちよち歩きにしか出来ない操船技術の我々がなんと初出場・初優勝! 実はヘルプでヨット経験豊富な2人のヨットマンが参加して下さったからでした。 でも少しは「ヨット教室のカリキュラムが役立ったのかな?」とも思っています。

風に誘われ冬でも休日の大半をヨットで過ごしています。〜T様〜

ヨット体験04

それは速度違反で90日の免許停止が始まりでした。休日は自動車レース・カートを走らせていましたがそれも出来ません。 そこでこの機械に2級小型船舶免許の取得を目指し「マリンガーデンBIWAKO」に行きました。 取得に伴い、「ボート」も「ヨット」もレンタル出来、便利だなと「エンジョイマリンクラブ」への入会に踏み切りました。 若い頃に数回ディンギーに乗ったこともあり、クルーザーヨットに挑戦したい思いがありインストラクターについて頂き マンツーマンで5~6回の講習を受けました。そんな時売却依頼のヨットがあるとの情報「ヤマハーY31EX」でした。 自己所有するつもりはなかったのですが、内装もきれいで思うほど高価でもなく、家内同伴で検討しました。 見ているうちに夢が広がり購入。H21年10月中旬進水式。

購入前は真冬にヨットでもあるまい来春から頑張って乗ろうと思っていたのですが、いざ初めてみるとコンスタントに吹く 風に誘われ1月に入っても休日の大半をヨットで過ごしています。 年末にマリーナ雄琴で開催されるクルーザーでの「お泊り鍋大会」に参加して以来、マリーナ内の友人もたくさん出来ましたし、 セーリング以外の楽しさも知り、ますますヨットにはまり込んでいます。 今年はいよいよレース参戦です。会社の若いメンバーや友人を誘い、ただいま特訓中です。 数ある琵琶湖のどのレースに参戦するかスケジュール調整中ですが入賞目指して頑張ります。